7月7日は何の日でしょう?

ブログ

 皆さんこんにちは! 事務の高木です(・∀・*)

 タイトルで質問していますが、7月7日が何の日かわからない方はいらっしゃらないと思います(`・ω・´)
 そう、7月7日は『七夕』ですね m9っ`・ω・´)
 笹に折り紙で作った飾りや願いを書いた短冊をつるす・・・家ではその笹を準備することが難しいので、学校や子供会といった大勢で集まって七夕を行う人が多いのではないでしょうかヽ(´∀`)人(・ω・)人( ゚∀゚)人

 その七夕には様々な伝説があることを皆さんご存知でしょうか?
 一番有名なのはやっぱり織姫と彦星のお話でしょうか(*´∀`)
 真面目で働き者だった二人が夫婦になったとたん働かなったので、怒った天の神様に天の川を挟んだ対岸へと引き離されました∑(゜ロ゜)
 会えなくなった二人の嘆きようを見ていた神様は、以前のようにきちんと働くならと年に一度だけ会うことを許して、それが7月7日になった、というお話です( ゚∀゚)
 皆さん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
 七夕の時期はちょうど梅雨真っ最中なので、確率的に雨が降ることが多いですが、「七夕に雨が降ると天の川が増水して二人が会えない」とか、「会えない二人の流した涙が雨になった」とか地域によってお話が変わるそうです(・ω・)
 場所によっては、「二人が会うことができたうれし涙」と解釈しているところもあるそうで( *´艸`)
 今日もあいにくの雨ですが、年に一度しか会えないのなら、どんな解釈でも会えるとした方が嬉しいですよね♪

 七夕の伝説は、日本だけでなく世界各地にあるそうです!
 それぞれ内容がずいぶん違うみたいなので、比べてみるのも楽しいかもしれませんね( ゚∀゚)